くっきりしたクマがある顏

しごとと生活に精一杯のアラサーです。

毎日クタクタになってそれでもしごとをしていますが、ある日、鏡をのぞいて自分の肌の汚さにひっくり返りそうになったのです。

鏡の中から、くっきりしたクマと細かいシワに顔を覆われた自分の顏が見返してきました。どれだけ自分が疲れ果てているのか、形にして見せられたように感じました。

この日のショックは強烈だったので、私、自分に誓いました。

どんなに遅くなって、疲れ切って家に帰ってももう二度と洗顔しないまま眠りこんだりしません。ちゃんとケアをして、自分の肌を保護しよう、シワの増加を防いで、これ以上老け顔に見えないようにしよう、と心に誓いました。以前、大人気(ロングセラー、ベストセラーという言葉もありますが、一瞬だけ集中して、後はすぐに廃れてしまうということも少なくありません)だったガングロが今また流行の気配です。数あるスタイルの一つとして浸透しはじめた感もありますが、お肌のシミが心配ですよね。誰でもではないと思いますが、やはりガングロ卒業後には普通よりも数多くのシミが目たつようです。

お顔のくすみは多くの女性の悩みですよね。そんな時は洗顔方法によって改善できるかもしれません。くすみの元は毛穴につまった汚れ「角栓」。悪習慣などで肌が新しく生まれ変わろうとする働きを邪魔すると、毛穴に古い角質でふたをして、せっかくの化粧水がお肌に上手く入っていかないなんて状態になってしまいます。洗顔の時にはぬるま湯を使うのがポイントで、保湿洗顔料で、きめ細かい泡をたてて洗います。ピーリング石けんというものあるので、週一回程度使用するとくすみを除去するにはとても効果があります。

20代は肌の力を過信しやすいもの。いまきれいだから、「私の肌はだいじょうぶみたい」なんて気楽に構えるのは危険です。

シワの土台って、20代でつくられるんです。

乾燥を放置したり紫外線ケアが不充分だと、シワが出来る要件は整っています。もし今の肌状態に満足していたとしても、表皮より深いところでダメージが積み重なっているのです。今の自分の肌に満足しているあなたは、5年後、10年後にどんな肌でいたいですか。

アラサーの26歳を迎えたら、積極的なケアは必要不可欠だと思います。

適量のお酒を飲むと、全身の血行がよくなるので、美肌効果も期待できます。日本酒の酒粕はパックとして使えます。くすみを消すのに良いそうです。

酒粕をちぎって細かくし、容器に入れて水を加えてペースト状にし、固まりがなくなるようにすりつぶしていきます。

少しずつ小麦粉を混ぜて好みの固さにして、なめらかに仕上げれば、酒粕パック完成です。

ただ、酒粕の匂いが不得手な方は止めた方がいいでしょう。日進月歩で美容テクノロジーは進歩しており、今では肌のシミを消すことも可能になりました。シミを消すにはどういった方法があるかといえばシミ改善グッズの効果によりお肌にできてしまったシミの色素への効果を試してみるのと、医療機関である美容クリニックでシミ対策の施術を受ける方法の2つの方法が可能です。かかる金銭的、または、時間的負担を考慮して、自分にとってよいやり方でシミの除去を目さしてください。

実は、お肌の悩みとして多くの人が挙げるのがシミです。

シミが出来てしまう主な原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)は、日焼け等の刺激により、肌が赤みを帯びて、さらに変色することで、色素沈着を起こしてしまうからだったのです。

肌の赤みは色素沈着へ繋がるので、ニキビができたことによる赤みも意外かもしれませんが、シミの原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)になるんです。

油断せずにUV対策したり、肌のSOSに応えるスキンケア(季節によってもやり方を変えた方がいいでしょう)をすることでも、シミが増えていかない肌をつくるのに効果的です。

また、体の中からのシミ対策として、ご飯とかサプリでビタミンCを積極的に摂取することもシミ対策として効果的です。アラフォーでも一番若い36歳を過ぎたころからでしょうか。老けてみえる人が増えてきます。いままでと同じような髪型や色が合わなくなってくるなど、本人にも自覚できる兆候はあるのだそうです。加齢によって疲労がその日のうちにとれず、持ち越すようになり、乾燥した部分にシワができたり、口元の法令線が目立ってくるからでしょう。もっと若い頃は、肌の荒れやゆるみを発見したら、リフレッシュをかねた潤いケアをすれば、しゃきっとげんきになりました。しかしアラフォーになってからは復活マジックの効果が薄れてきてしまい、「最近忙しいの?」と聞かれると、顔に出ているんじゃないかとドキッとします。心配なので化粧直しの回数も増えたりして、そろそろ対策をすべ聴かと思っています。一般的に「きれいな肌」と言いますが、具体的にはどんな肌をさすと思いますか。

なめらかな肌、整った肌というのは皮膚の模様が小さく、きれいな三角形を描いている状態を言います。

一方、表皮の乾燥を放置すると荒れてきて、模様が大聞くなります。

あるいは、皮膚が薄くなって模様が見えないほどになります。肌を保護する表皮が低下すると、肌の土台そのものが傷んでくるのは避けられません。真皮がいわゆる「重力に勝てない」状態になってしまうと既にできていたシワが濃くなったり、新しいシワができてくるのです。美白やシミ対策をうたった化粧品はたくさんあります。美白だけでなく、シミを消したいならば、どのような種類のシミなのかしることが大切です。どんな化粧品でも、自分のシミに有効でなければ肌荒れや白斑の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)になってしまいます。医療機関で、レーザー治療などを受けてシミを薄くすることもできますが、その前に生活習慣を見直すことがシミ対策と美白のために、どんな人にも必要なことだと頭に置いておいてちょーだい。